Javaのまとめ

まとめ
スポンサーリンク

言語ごとに書き方が若干異なる部分を中心にまとめています。

お試し実行環境

ブラウザでプログラミング・実行ができる「オンライン実行環境」| paiza.IO
paiza.IOはオンラインですぐにプログラミングが始められる、オンライン実行環境です。Java,Ruby,Python,PHP,Perlなど主要24言語に対応。プログラミング学習にも。

参考サイト

Package Index  |  Android デベロッパー  |  Android Developers

比較演算子

演算子 説明
== 等しい
!= 等しくない
> より大きい
>= 以上
< より小さい
<= 以下
instanceof 同一クラス

論理演算子

演算子 説明
&& And
|| Or
! Not
if (true && true) {
    System.out.println("true");
}
if (true || false) {
    System.out.println("true");
}
if (!false) {
    System.out.println("true");
}

繰り返し

for (int i = 0; i<10; i++) {
    System.out.println(i);
}
int datas[] = {1, 2, 3, 4, 5};

for (int data: datas){
    System.out.println(data);
}

配列

int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};

for (int i: array) {
    System.out.println(i);
}

実装サンプル

直近30個のデータの最大値と最小値を求める

/**
 * 直近30個のデータの最大値を最小値を求める
 * for文により疑似的に100回試行しているが、実際はデータを取得する度にキューに詰める事になる
 */

import java.util.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
        Queue<Integer> queue = new ArrayDeque<>();
        Random random = new Random();
        
        for (int i = 0; i <= 100; i++) {
            queue.add(random.nextInt(100));  //乱数で適当な値を入れているが、実際は取得したデータを詰める
            if (queue.size() > 30) {  //30を超えたらキューから削除する
                queue.remove();
            }
            System.out.println("キューの中身:" + queue);
            System.out.println("中身の数:" + queue.size());
            System.out.println("最大値:" + Collections.max(queue));
            System.out.println("最小値:" + Collections.min(queue));
        }
    }
}
ArrayDeque (Java Platform SE 8)
Collections (Java Platform SE 8)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました